ライアー講座

ライアーってどんな楽器?

ライアーをわかりやすく伝えると、「ハープのような弦楽器」というとイメージがわくでしょう。 「千と千尋の神隠し」の主題歌の伴奏として木村 弓さんが弾いていた楽器というと、思い当たる方もいるのではないでしょうか。

ライアーは、シュタイナーの理念に基づき彫刻家のゲルトナーと音楽家のプラハトが形にした、生まれて約90年になる古くて新しい楽器です。教育・医療の現場で用いられるとともに、コンサートでも広く演奏されています。 風の森の子ども達にとっても毎朝心静かに耳を澄ませ慣れ親しんだ音色です。

講師紹介

西田 恵利子先生

音楽療法をアウディオペーデ(聴く器官の教育、竹田 喜代子氏主宰/横浜)に学ぶ。

現在は福岡ライアーアンサンブル、アウディオペーデライアーアンサンブルなど 主にアンサンブルのメンバーとして教会、特別支援学校(福岡、沖縄等)で演奏活動を行っている。

  • アントロポゾフィー(シュタイナーの理念に基づく)の音楽療法士
  • 療法的音楽教育家(ディプロム取得)
  • ライアー講師
  • ライアーアンサンブルメンバー

風の森ライアーアンサンブル

風の森の園内にて、卒園児のお母さんたちが集まって活動しています。

毎月2回の練習です。

風の森のクリスマスや出会いの会(入園式)などで演奏しています。園外にも活動の場を広げて行ければと予定しています。

ライアーの会

在園児のお母さんたちが月に1回集まって、西田先生のご指導の元 練習しています。2017年度に開催した体験会がきっかけで ライアーの音色に魅了され、始まった会です。