風の森 6月・7月の子どもたち

6月7月と楽しい毎日を過ごし、風の森は夏休みに入りました。

今年もまた コロナ禍の夏休みになりましたが、元気いっぱいに過ごして 8月24日の2学期始まりの日には、お弁当を持って にぎやかに登園しましょうね。

<外遊び>

いつでもどこでもよく遊ぶ子どもたち! 何でもおもちゃになります。

・砂と水大好き!


“風の森 6月・7月の子どもたち” の続きを読む

7月のライゲン・テーブル劇

<7月のライゲン>

カニの子や小さな魚になったり、大波小波が寄せてくる様子を表現します。

♪ うずまき貝がらどうしてできた 波がくるくる うずまいてできた ♪

みんなでうずまき状になって、クーゲルの小さな音に耳を澄ませます。

<7月のテーブル劇>

暑い夏の日、ウサギは海に遊びに行きます。その楽しそうな声を聞いて、他の動物たちもやってきました。

すると、大きな波がザブンザブンとやってきて、クジラが泳いできました。動物たちはクジラの背中に乗ったり、横に並んで泳いだり、楽しい時間を過ごしました。

風の森 5月の子どもたち

梅雨入りが例年より早かったのですが、晴れの日も多く 外でもたくさん遊べましたよ。

<外遊び>

水と泥んこがあれば、想像力がふくらみます。




“風の森 5月の子どもたち” の続きを読む

6月のライゲン・テーブル劇

<6月のライゲン>

梅雨のお話です。

雲が広がって辺りが暗くなってきて 雨がポツポツ降ってきました。

 ♪ ゆっくり歩くは でんでんむし

  いつまで歩いても少しも行けない

  わたしがあなたなら 急いで行くのに ♪

(子どもたちが好きなフレーズです)

雲が引いて雨が止むと 空にはきれいな虹が現れました。

<6月のテーブル劇>

大工と鬼六のお話です。

流れが速くて大きい川に橋を架けることになった大工。

川の流れをじっと見ていると 川の底から鬼が出てきて、橋を架ける代わりにお前の目ん玉をよこせ と言われ、約束をしてしまった大工は・・・

5月のライゲン・テーブル劇

<5月のライゲン>

♪ ツバメが すーいすーい とんできた〜 ♪

ツバメがいろいろなお店の軒下に巣をつくります

ひなが生まれて大きくなって巣立っていきます

「きっとツバメは来年も ここに帰ってくるだろう」


<5月のテーブル劇>

女の子がお花の冠を編んでいると、森の動物がやってきます。

みんなの冠も編んであげた女の子のところへ 動物たちがお礼にやってきます。

みんなで持ち寄ったものでケーキを作って、パーティーをしました。