5月のライゲン・テーブル劇

<5月のライゲン>

♪ ツバメが すーいすーい とんできた〜 ♪

ツバメがいろいろなお店の軒下に巣をつくります

ひなが生まれて大きくなって巣立っていきます

「きっとツバメは来年も ここに帰ってくるだろう」


<5月のテーブル劇>

女の子がお花の冠を編んでいると、森の動物がやってきます。

みんなの冠も編んであげた女の子のところへ 動物たちがお礼にやってきます。

みんなで持ち寄ったものでケーキを作って、パーティーをしました。

4月のライゲン・テーブル劇

<4月のライゲン>

お百姓さんが畑を耕しました。

 ♪ 種まきホイ 種まきゃホイ いたずらスズメよ ほじくるな 恵みの雨が降るまでは ♪

おいしい おいしい 野菜になあれ

<4月のテーブル劇>

まあちゃんがお散歩に出かけると、色とりどりのお花が咲いていて、冠やマント、ブーケを次々にもらいます。

まあちゃんは お姫さまになって、家に帰ります。

3月のうた

くつが鳴る

おててつないで 野道を行けば みんな可愛い 小鳥になって うたをうたえば くつが鳴る 晴れたみ空に くつが鳴る

花をつんでは おつむにさせば みんな可愛い うさぎになって はねて踊れば くつが鳴る 晴れたみ空に くつが鳴る

3月のライゲン・テーブル劇

<3月のライゲン>

引き続き、早春のライゲンです。

冬の間、眠っていた冬の精をおひさまが起こしました。春の精は土の中のカエルを、カエルはツクシを、ツクシは桃の花を順番に起こしていきます。

そして、桃の花が春の訪れをうたうと、その歌声を聞いたウグイスが「もう春ですよ」となきました。

<3月のテーブル劇>

雪が少しずつとけ始めた森の中、小人がやってきてうたいます。 すると雪がとけたところから赤や黄色の花がかおをのぞかせます。

小人は花たちに「春の準備をはじめよう」と声をかけ、一緒にうたいました。眠っていた小鳥も目を覚ましました。

もう春はすぐそこまできています。

2月のうた

今年の節分は、2月2日です。

【立春の日が2月3日・節分が2月2日】になるのは、124年ぶりだそうです。 ※前回は明治30年(1897年)

子どもと一緒に歌いましょう♪

鬼は外 福は内 ぱらっ ぱらっ ぱらっ ぱらっ 豆の音 鬼はこっそり逃げていく
鬼は外 福は内 ぱらっ ぱらっ ぱらっ ぱらっ 豆の音 早くお入り福の神