6月のライゲン・テーブル劇

<6月のライゲン>

雲が広がって、辺りが暗くなってきて雨がぽつぽつ降ってきました。

♪ゆっくり歩くは でんでんむし いつまで歩いても少しも行けない わたしがあなたなら 急いで行くのに♪

子どもは傘をさして雨の中を出かけて行きました。

雲が引いて雨が止むと 空にはきれいな虹があらわれました。

 

<6月の人形劇>

雨が降るので、雨だれ坊やは今日も独りぼっち。

お友だちと遊びたいな・・・

雨だれ坊やが歌をうたうと、歌声を聴いた ももちゃんや きいちゃんがやってきて3人で遊んでいるうちに、雨は止んで 空には虹が広がりました。

5月のライゲン・テーブル劇

<5月のライゲン>

♪ツバメが すーいすーい 飛んできた♪

ツバメがお店の軒下に巣を作ります。

ひなが生まれて巣立っていき、来年もここに戻ってくるだろう。

 

<5月のテーブル劇>

まあちゃんがお花の冠を編んでいると、森の動物がやってきます。

みんなの冠も編んであげた まあちゃんのところへ、動物たちがお礼にやってきます。

みんなが持ってきたもので、ケーキを作ってパーティーをしました。

4月のライゲン・テーブル劇

<4月のライゲン>

春になって お百姓さんが畑を耕しました。

♪種まきホイ 種まきゃホイ いたずらスズメよ ほじくるな 恵みの雨が降るまでは〜♪

お日さま お日さま 照らしておくれ、恵みの雨を降らせておくれ、柔らかい土の布団をかけてあげよう。

やがて小さい種から芽を出して おいしい おいしい 野菜になあれ。

春になってお百姓さんは忙しい。

  

<4月のテーブル劇>

まあちゃんがお散歩に出かけると、色とりどりのお花が咲いていて、冠やマント、ブーケを次々にもらいます。

まあちゃんは お姫さまになって家に帰ります。

3月のライゲン・テーブル劇

<3月のライゲン>

早春のライゲンです。 冬の間、眠っていた春の精を おひさまが起こしました。春の精は土の中のカエルを、カエルはツクシを、ツクシは桃の花を順番に起こしていきます。

そして、桃の花が春の訪れを歌うと その歌声を聞いたウグイスは「もう春ですよ」と鳴きました。

<3月のテーブル劇>

雪が少しずつとけ始めた森の中、小人がやって来て歌います。 すると雪のとけた所から、赤や黄色の花が顔をのぞかせます。 小人は花たちに「春の準備を始めよう」と声をかけ、一緒に歌いました。 眠っていた小鳥も目を覚ましました。

もう春はすぐそこまでやってきています。

2月のライゲン・テーブル劇

<2月のライゲン>

2月半ばまでは「てぶくろ」のお話です。 その後は「早春」のお話です。

冬の間、眠っていた春の精が目を覚まし カエルを起こします。

カエルはつくしを、つくしは桃の花に声をかけ、桃の花の声を聞いたウグイスは可愛い声で春の訪れを知らせます。

 

<2月のテーブル劇>

「にんじんさんが赤いわけ」のお話。

だいこんさんとにんじんさんとごぼうさんがお風呂に行きました。

体を洗わずに上がった ごぼうさんは真っ黒け。 丁寧に体を洗った だいこんさんは真っ白。 いつまでも湯船に入っていた にんじんさんは真っ赤か・・・