7月のライゲン・テーブル劇

<7月のライゲン>

蟹の子や小さな魚になったり、大波小波が寄せてくる様子を体で表現します。

 ♪ うずまき貝がらどうしてできた 波がクルクルうずまいてできた ♪

みんなでうず巻き状になり、クーゲルの小さい音に耳を傾けます。

 

<7月のテーブル劇>

暑い夏の日、ウサギは海に遊びに行きます。その楽しそうな声を聞いて、次々と動物が加わります。

すると、大きな波が ザブンザブンとやって来て、クジラも一緒に泳いできました。 動物たちはクジラの背中に乗ったり、横に並んで泳いだり、夏の楽しい時間を過ごします。

6月のライゲン・テーブル劇

<6月のライゲン>

雲が広がって、辺りが暗くなってきて雨がポツポツ降ってきました。

♪ゆっくり歩くはでんでんむし
 いつまで歩いても少しもいけない
 わたしがあなたなら 急いでいくのに ♪

子どもは傘をさして雨の中を出かけて行きました。

雲が引いて雨が止むと、空にはきれいな虹があらわれました。

<6月のテーブル劇>

雨が降るので、雨だれ坊やは今日もひとりぼっち。

お友だちとあそびたいな・・・

雨だれ坊やが歌をうたうと、歌声を聴いた ももちゃんやきいちゃんがやってきて

3人で遊んでいるうちに、雨は止んで 空には虹が広がりました。

3月のライゲン・テーブル劇

<3月のライゲン>

早春のライゲンです。

冬の間 眠っていた春の精をお日さまが起こしました。 春の精は 土の中のカエルを、カエルはつくしを、つくしは桃の花を起こしていきます。

桃の花が春の訪れを歌うと その声を聴いた うぐいすは「もう春ですよ」と鳴きました。

<3月のテーブル劇>

雪が解け始めた森の中に小人がやってきて歌います。 すると花のつぼみが顔をのぞかせて きょろきょろ。 小人は「春の準備を始めよう」と声をかけました。

春は、そこまで やってきていますよ。

2月のライゲン・テーブル劇

<2月のライゲン>

2月の中旬までは 引き続き「てぶくろ」のお話を楽しみます。

その後は、早春のお話です。 冬の間、眠っていた春の精が目を覚まし、冬眠しているカエルや土の下のツクシ、咲くのを待っている梅の花やウグイスを順に起こしていきます。

  

<2月のテーブル劇>

野原で大根が寝ていると、ニンジンとごぼうが「お風呂に入ろうよ」と声をかけます。

ごぼうは、さっさと湯船に入ると 体も洗わずに出ていってしまいました。 だから、今も真っ黒け。

大根はゆっくり入って、ていねいに体を洗いました。 だから 真っ白け。

ニンジンはその間もずっと温まっていました。 上がってみたら、ほうら こんなに真っ赤になったよ。

1月のライゲン・テーブル劇

<1月のライゲン>

15日までは、お正月のライゲンでした。 そのあとは手袋のライゲンをしています。

おじいさんが落としていった手袋に、次々と動物たちが入っていきます。 最後はどうなるのかな?

<1月のテーブル劇>

雪が降って辺り一面 真っ白。 森の動物たちは 寒さに負けずにかくれんぼを始めました。

隠れたつもりでも、しっぽが見えたり 頭が見えたりして次々に見つかりますが・・・

最後まで見つからなかったのは だ〜れだ?!